投稿

心道 別作朱 11.1尺 朱口巻 籐握り

イメージ
竿師をざっくりと、その作品の特質から柔と剛に分けるとすれば、心道は後者に入るイメージが強いのではないだろうか。 もっともこれには、私の保有する唯一の心道「別作朱 11.1尺 朱口巻 籐握り」がしっかりした竿であり、個人的印象が大きく作用していることは否めない。 その心道は幼い頃から釣りと物作りが好きで、さらに兄の水連が紀州へら竿の世界に身を置いていたことから、自然と同じ道へ歩み出したという。 水連の師は大文字五郎で、この一門には 櫓聲 ・ 一文字 という斯界の俊峰がいる。 しかし、心道には 至峰 への傾倒が見られるとの評があり、実際、それはまず握りの作りに顕著に現れている。 一方、へら竿のもっとも重要な特質である調子については、上に述べた通り私の振ったことのある心道は一本のみゆえ、これに基づく感想しかご紹介できないのだけれど、初めて手にした時はかなり硬く感じ、軟かい竿の好きな私は、「これは失敗したかな、」と正直思った。 そして魚を掛けても、確かに強いのである。 しかし、決して強引に魚を上げ寄せるのではなく、必要な場合は相手の動きに応じて撓みながらも、あくまで主導権は確保したまま、適度なところで魚をこちらの意に沿わせる――といった感じなのだ。 従って釣り味の点でも申し分なく、また、私の常に使用する細仕掛けでも、ハリス切れの経験もほとんど、いや全くない。 振り調子は弱く感じるのに、掛け調子は強い竿――とは、ある意味対極に位置すると言えるかもしれない。 さて、これが至峰の特質に通じるかとなると、私にはそれを論じられないことを白状せねばならない。 なぜなら、私は至峰も一本しか保有しておらず、しかも、これは至峰本来の調子、いわゆる至峰調とはかなり異なる特質を具えている(らしい)からである。 ただ、そんな比較をするまでもなく、この「別作朱 11.1尺 朱口巻 籐握り」が、一個の見事な作品と見做せるということは、自信をもって言える。 最後に、この竿に惹かれた点を一つ挙げておきたい。 それはごく些細なことで、脇銘ともなっている朱漆による口巻きである。 家で眺めてももちろんいいのだが、釣り場に臨ませると、水の色と竹の地、そして口巻の朱が、得も言われぬ対照を見せてくれる。 この朱で段巻きを施した竿もあるけれど、こちらはやや煩い感じがしてならない。 そこまで広く朱を用いるのであれ

雀宝 万寿美 9.8尺 笛巻 漆握り

イメージ
自分の浅学を棚に上げ、失礼を承知で敢えて言えば、紀州へら竿の世界において、雀宝という銘はそれほど知られていないのではないかという気がする。 実際、 櫓聲 ・ 至峰 ・ 孤舟 などのように、際立った特徴があちこちで喧伝されてはいないであろうし、個人的にもその風評に接したことはほとんどない。 しかしながら、 紀州へら竿系統図 にはしっかりとその位置が示されており、これによると、名匠先代山彦の下で竿作りを修業し、また自らも荒波を育てて独り立ちさせた竿師ということがわかる。 このように、地味なタイプと言える雀宝だが、その手になる「万寿美 9.8尺 笛巻 漆握り」を私が手にしたのは、竹竿に興味をもつようになって間もなくことだった。 まだ雀宝という銘すら知らなかった上、竹竿一般の特徴などに対する感覚・理解もほとんど身に備わっていなかったので、当然、これらの観点からの選択ではなかった。 では一体、なぜこの万寿美を購入したのかというと、理由は至極単純、笛巻(芽出し段巻)の竿が一本欲しかったからである。 私が初めて手にした竹竿は口巻の源一人で、そのあと段巻(節巻)を施した雲影の総高野も我が物とすることができ、こうなるとへら竿の三大意匠(?)の残る一つ、笛巻竿が欲しくなり、丁度その前の竹竿購入の際に還元された商品券もあったことから、手頃な価格で何かないかと物色して目に入ったのが、「万寿美(ますみ) 9.8尺 笛巻 漆握り」だったのである。 巻き以外の意匠面での特徴を挙げるとすれば、握りの形状と、例によって画像では分かりにくく申し訳ないのだが、その握りを金粉を蒔いた上に透き漆を施した梨子地としていることくらいで、特別凝った作りが見られるわけではない。 さて、この竿を手にした時に強く感じたのは、正直なところ、その頼りなさだった。 よく言えば先に抜けて軽やかなのだが、その中に一本芯の通った印象が感じられ――なかったのである。 これでは魚にいいようにのされてしまうのではなかろうか――と思いながらも、それはそれでまた一興だろう――と半分自分に言い聞かせるようにして、ともかく水を見せることにした。 先に感じた軽やかさは、上々な振り調子として感得され、この点は申し分ない。 一方の頼りなさは、櫓聲と同じように魚が掛かると豹変――とはやはりいかず、力のある相手を意のままに捌くような釣りには荷が重

一文字 12.2尺 口巻 籐握り

イメージ
「 紀州へら竿系統図を眺めて 」において、次のように述べた ……ところで、系統図を眺めてふと思うのは、竿師には、自らの技術をひたすら追求するタイプと、後継者の育成に重きを置くタイプがあるようだ――ということ。 前者の代表としては、いまさら言うまでもなく櫓聲・至峰が挙げられ、一文字・影舟もこれに当てはめられるであろう。 後者の筆頭は、紀州へら竿の源流である師光・源竿師であり、さらに先代「げてさく」などもこれに当たる。…… この最後の部分に、改めてもう一人、大文字五郎を付け加えたい。 大文字五郎の弟子と言えば、先ず、紀州へら竿界における最高峰であるところの、鬼才櫓聲の名が挙げられる。 もっとも、これも「 櫓聲―脇銘の変遷 」に既に書いた通り、櫓聲の場合、弟子入り後わずか三ヶ月の修業で独立を許されたというから、果たしてどれだけ師の影響を受けたかは疑問だが、その才能を見抜き、自らそれを磨くのが櫓聲にとって最善と判断してこの道を行くことを許したという事実だけでも、大文字五郎が名伯楽であった確固とした証左ではなかろうか。 そんな大文字五郎のもう一人の高弟が、一文字である。 一文字の場合も、至峰の教えを受けるよう師から勧められたというから、批判的観点をとれば、大文字五郎は自らの技量に対し十分な自負を持っていなかったと見られなくもないが、仮にそうだとしても、そのような極めて難しい自認を敢えてなし、弟子の将来を第一に考えるところは、賞賛に値するであろう。 そして実際、一文字が紀州へら竿界において到達した高みを考えるとき、上の評価が決して誤りでないことが首肯される思う。 教えを受けた至峰の影響もあってだろうか、一文字もまた、自らの作にほとんど脇銘を付しておらず、また、意匠についても徒に装飾に凝ったところはなく、口巻、あるいは段巻というへら竿の基本を踏襲したものがほとんどである。 ただ一点、改めてご紹介するまでもないだろうが、唯一無二の独特な握りの形状は、この竿師のトレードマークとして絶大な存在感を具えており、これに憧れる釣り人も少なくないはずだ。 かく言う私もその一人で、子供の頃、親の知人から貰った雑誌に掲載されていたそのカッコいい銘と作品を目にし、いつの日にかこんな竿で釣りをしてみたい――と漠然と思ったことを記憶している。 その後、釣りから長らく離れてしまったこともあって、そ

竿三 特選琢磨 印籠継 三本仕舞 11.8尺 口巻 綿糸・籐握り

イメージ
「紀州へら竿」という名称からも推される通り、へらぶな釣りのための、竹を素材とした釣り竿は、主に和歌山県橋本市を中心とした地域で手作りされる。 この地がへら竿生産の拠点となった一つの理由として、穂持――すなわち釣り竿の先から二番目の部位――の素材となる高野竹を入手するのに調法であった点を挙げられるが、交通および流通の発達に伴い、この事情による束縛力は急速に弱まった。 その結果として生じた事象の一つが、竿作りの修業は伝統通り紀州の源竿師の下で積んだものの、自らの工房は関東に開いた 竿春 の出現である。 一方、関東にもまた、釣り竿製作については長い歴史――実際、紀州へら竿のそれを大きく上回る――があり、綿々とその技術を受け継いだ職人の手になる作品が江戸和竿と呼ばれるものであることをご存じの方も少なくないだろう。 こちらもやはり竹を基本素材とする釣り竿だが、対象魚はキス・ハゼからフナ(マブナ)・タナゴといった、東京湾およびそこへ注ぐ河川・湖沼に生育するものから、さらにはヤマベ・ヤマメなどの清流・渓流魚まで非常に多様、従って竿の長短強弱さらには特性も多岐に亘っている。 このような歴史の流れを背景に持つ土地、竿春というへら竿師が登場すれば、その波紋・影響が伝播するのは当然で、関東からもぽつりぽつりとへら竿が誕生し始めた。 今回ご紹介する私の保有竿「竿三 特選琢磨 印籠継 11.8尺 口巻 綿糸・籐握り」も、その一本である(と思う)。 ここに「と思う」と付して断言を避けたのは、ネット上を色々検索して回ったり、知人に尋ねたりはしてみたのだが、この竿の作者、竿三についてはっきりした情報を得ることができていないからだ。 しかしながら、それが慣例なのか好きなのか、関東の竿師は、ほとんどが自らの銘に「竿」の字を用いていること、およびこの竿三の作風が紀州へら竿とはやや趣を異にしている点などから考えて、まず関東へら竿と見て間違いはないだろうと判断している。 この竿の最大の特徴は、その脇銘(?)にも示されている通り、印籠継ぎに見るべきであろう。 印籠継ぎは、穂持と元上、および元上と元、それぞれの間に採用されており、穂先と穂持の継ぎをこの形とする意味はほとんどないことを考えれば、全ての継ぎ部が印籠となっているとも言えるのだ。 紀州へら竿の中にも、もちろん印籠継ぎは見られるわけだが、江戸和竿において

夢坊 特作高野竹 15.2尺 口巻 籐・漆握り

イメージ
前回ご紹介した 師光 と同じく、夢坊も先代の銘を継いだ竿師である。 1954(昭和29)年に日生まれ 入門が1977(昭和52)年というから、紀州へら竿の世界では遅い歩み出しと言えるかもしれない。 となると既にある程度の自意識は持っているわけで、我を主張しがちではないかとも想像されるが、実際の夢坊の竿は、その根底に極めてオーソドックスな、伝統に根差したコンセプトと技術を置いている印象が強い。 これは何より、へら竿の基本機能、すなわち仕掛けを運び、魚を掛け、そして上げ寄せるという一連の動作を、使う者が変な意識を持つことなく自然な流れで行えるところに見て取ることができる。 その一方――というよりそれに加えて、夢坊はまた新しい意匠や、現代の釣りに適合した竿作りにも情熱をもって取り組んでいるように思う。 遺憾ながら私の手元にはないのだが、紫を帯びた漆で巻きを施した、確か「紫苑」という脇銘の作品があり、これが前の一つを代表するとすれば、総矢竹竿や三本仕舞でしっかりした調子を出すことで、後の目当てに応じている。 このように常に新旧両方向を意識し、目を向けている夢坊だからこそ、その融合の具現とも言うべき、脇銘「今昔」を生み出すことができたのであろう。 私の保有している夢坊は一本、「特作高野竹 15.2尺 口巻 籐・漆握り」である。 総高野の長尺、軟式胴調子の竿ゆえ、扱いにはそれなりの技術を要するものの、個人的にはその習得もまた愉しかった想い出がある。 エサ打ちでは竿全体を大きく撓ませ、その戻りを利用して送り込み、魚が掛かった際にも、急ぐことなく、竿の各部位を十分に働かせる――つまり、標語的には「ゆったり、大きく」という単純なことなのだが、場合によってはこれがなかなか難しいとも言えよう。 特に、魚を沢山釣ることを念頭に置いていたら、まず無理である。 また、短竿で浅いタナを釣った後なども、リズムを戻すのに少々苦労する。 これらを鑑みるに、本竿は「旧」の要素の強いものかもしれないが、個人的には自分の嗜好に合っており、至極満足している。 握りは透き漆と籐を交互にあしらったもので、光の加減により実に妖艶な輝きを見せてくれると同時に、以前どこかに書いた通り、見かけとは異なり、その漆は滑らず、手にしっとりと吸い付くため、操作性も上々。 晩秋から初冬にかけての釣りには正に好適、欠かせない一本だ。

師光(二代目) 特作高野竹 10.1尺 口巻 籐・西陣織握り

イメージ
本サイト開設直後の記事「 紀州へら竿の歴史・系統 」でご紹介した通り、へらぶな釣り専用の竿は、チヌ(黒鯛)竿の製竿師であった大阪の竿正により初めて世に問われ、その後、二代目竿正と竿五郎が、高野竹(スズ竹)を穂持に用いる、現代まで通ずるへら竿の基本構成を確立した。 さらに、この竿五郎の下で修業を積んだ師光(児島光男)と源竿師(山田岩義)が、それぞれ1931(昭和6)年、1934(昭和9)年に和歌山県橋本市に戻って工房を構えたことから、紀州へら竿の名が確立するとともに、その世界が一気に広められ、かつ深められることになったのである。 また、紀州へら竿の源泉の一つと言うべき師光は、自ら竿作りに勤しむと同時に数多の弟子を育成し、これら竿師たちからまた新たな芽が萌え出して、この世界が絢爛たる様相を呈するようになったことは、ご承知の通りである。 現在、師光の竿を目にする機会は少なく、私も手にしたことがないため、その特徴などをここに述べることはできないのだが、仮に師光が一本の竿も作ることがなかったとしても、上の事実を鑑みれば、紀州へら竿の直接の祖という評価が変わることはないだろう。 さて、そんな紀州へら竿の祖の薫陶を受けた弟子の一人に、児島一誠、すなわち師光の長男がいる。 その境遇からも類推される通り、一誠は子どもの頃から父親の仕事を手伝い、中学を卒業すると同時に本格的に竿師への道を歩み始めた。 当初の銘は「東千鳥」だったが、1974(昭和49)年に師光が亡くなり、この銘を継いだのである。 このように紀州へら竿界の名門の惣領として、偉大な銘を受け継いだわけだが、二代目師光は多くの弟子をとって門閥を広げたり、名を利用して尺単価を吊り上げたりすることなく、自らの分をわきまえ、一心に竿作りに取り組んできた。 無論ここには、へらぶな釣り、延いては紀州へら竿界における時代的状況も影響しているのだろうが、二代目師光の実直な性格による部分が主であろう。 私の手元にある「特作高野竹 10.1尺 口巻 籐・西陣織握り」にも、そんな二代目師光の性格と姿勢が如実に現れているように思う。 脇銘が示すように、穂先を除き高野竹による生地組みの一本だが、「 総高野(竹)・総矢竹の竿―特徴と味わい 」の中で一言した通り、この竿の特徴は、「全身これ力の塊」といった感じの「張り」にあり、魚が大型化し、しかも魚

影舟 ぬ希 硬式純正鶺鴒 14.5尺 総塗り研ぎ出し 綿糸握り

イメージ
影舟もまた、櫓聲・至峰などと同じく、熱烈なファンを持つ竿師である。 そのため、尺単価も現役時から高く、一線を退いた現在も、オークションで時折、異様とも思える値の付くことがある。 昭和31(1956)年、先代げてさくの門を叩いて斯道に入ったが、その銘からも窺える通り、先代の孤舟にも教えを受けた。 銘については、当初、「影」の字に暗いイメージを感じた孤舟が難色を示し、影舟も一旦はそれに従ったものの、思い捨てがたく、やがて我を通して師の許しを得た――というエピソードを、影舟自身語っているのに接したことがある。 へら竿は風切り刀――と喝破した孤舟の竿は、「先抜け」「先に抜けた」と形容される通り、持ち重り(すなわち持った際に重く感じること)のない、極めて機能性に優れたものであることはあらためて言うまでもないだろう。 個人的に、二代目孤舟の初期の竿などは、それが過ぎるのではないかと感じることさえあるくらいである。 影舟の作品も、孤舟の思想に則り、節巻・綿糸握りといった実用的意匠を基本に据えて、へらぶな釣りの道具として必要十分な機能性を具現している。 しかし、敢えて師との相違を言えば、やや趣味性に重きを置いていることではないかと思う。 魚を掛けた際、孤舟の竿にも独特の味わいのあるのはもちろんだが、影舟においては、そこにさらに艶、あるいは色気といった風趣が、霞のように漂い纏わっているように感じるのである。 さて、そんな影舟の作品で私の手元にあるのは、「ぬ希 硬式純正鶺鴒 14.5尺 総塗り研ぎ出し 綿糸握り」である。 この竿を入手したのは2014年頃のこと、影舟は既に廃業して久しく、従って当然中古のものを、紀州へら竿専門店で購入した。 しかし、中古とはいえ状態は申し分なく、疵はもちろん、反りや曲がりも皆無で、込みも完璧だった。 何より魅せられたのは、14.5尺という長さながら4継という、かなりの長寸切りの生地組み、しかも元径わずかに10.6mmというそのプロポーション。 この数値から、相当な軟式竿を連想されるかもしれないが、「硬式純正鶺鴒」との調子に偽りはなく、竿掛けに載せた姿はすッと伸びて凛としており、もちろん仕掛けの振り込みでは師譲りの操作性を発揮し、そして掛かった魚は張りと粘りの絶妙なバランスで見事に捌いてくれる。 これほどの竿に、何故通常等級の「ぬ希」が刻されている