投稿

こま鳥(先代) 白秋 11.3尺 飾り節巻 綿糸握り

イメージ
現役竿師の中で高い人気を誇り、従ってその手になる竿にも高い値の付けられている一人に、細かく砕いた卵殻による絵柄をあしらった握りで知られるこま鳥がいる。 私は遺憾ながら手にしたことはないのだが、その師にして実父でもある先代のこま鳥は一本保有している。 「白秋 11.3尺 飾り節巻 綿糸握り」である。 先代こま鳥は 山彦 の下で竿作りを修業したが、その特質を多分に受け継いでいることは、この一本にもはっきり見て取ることができる。 まずは段巻きに、ワインレッドとも言うべき赤紫色の透き漆を絶妙な装飾として施している点。 それをこの竿ではさらに押し広げ、穂先と穂持の総塗りにも用いている。 さらに握りも、無論微妙な相違はあるものの、一目で山彦の流れを汲んでいることのわかる形状に整えられている。 これらは意匠面での特質だが、調子に代表される機能面はどうかというと、少なくともこの一本に関しては、山彦とは些か趣を異にしているように思う。 山彦といえば竿全体を大きく撓ませて魚を寄せる胴調子が先ず連想されるのに対し、中式本調子というのが妥当と感じるのだ。 極めて細く削り出した穂先をはじめとして、全体的にオチ(テーパー)の小さい、ほっそりした容姿を見せてはいるものの、穂持・元上そして元と、それらの径以上に強さの増す生地組みがなされているようで、八寸ほどまでの平均的な魚は穂先と穂持でしっかりと受け止め、それ以上の活力を示す相手になると元上、さらに元が漸次働き出して次第に山彦を髣髴させる印象なのだ。 ともあれ、かなり古い作品ということもあるのだろう、現代の大型化したへらぶなの量目釣りに適合しているとは言い難い。 一方の二代目はその辺りの要求に応える融通性を具えていたことも、高い人気を博した一因であることは間違いないだろう。 ところで、白秋といえば、ご存じの通り鬼才 櫓聲 の調子分類の一つである。 個人的なことを言うと、こま鳥を購入した時点では櫓聲の白秋は保有しておらず、将来的にも手にすることはないだろうと半ば諦めていたのだけれど、幸い縁あってその後櫓聲を我が物とするに至った。 その際、元々胸にあった、果たして両者の間には何らかの関係性があるのだろうか――との興味を確かめるべく、両者を使い比べてみた印象では、直接的に相通ずる趣は特に感じられなかった。 ただ、いずれもその脇銘・調子名通り、や

へらぶな釣りの四季―夏

今年、この地方の梅雨入りは6月6日、明けたのは同月27日なので、わずか3週間に過ぎなかった。 もっとも、よくあることだが、その後一度ぐずついた天気が続き、今また戻り梅雨のような空模様となっている。 日が出れば釣り場はもうすっかり夏景色、燦々と降り注ぐ陽射しに水面はギラギラと輝き、周囲の樹々は濃緑に燃え立っているはず――と思いながらも、相変わらず竿に水を見せることなく過ごしている。 マスクなしで釣りができるようになったら出掛けるつもりで、それももう間もなくだろう――と思っていたのに、またしてもコロナウィルス感染者が急増してきたらしいから、数年ぶりの釣りがいつになるやら、その見通しが立たなくなってしまった。 言うまでもなく、今の時季の釣りは非常に厳しい。 もっともこれは、釣果のことではなく、釣る者の心身、特に身体に関してである。 暑さと紫外線に晒されることがその直接の原因だが、何しろ日が長いので欲張った釣りをしてしまいがちとなり、両者が相俟って一日の釣りを終えた時にはまさに疲労困憊、という経験は誰もが少なからずしているはずだ。 釣り自体に目を向けると、魚の活性が高すぎるため浮子の周囲に黒集りし、当然その浮子はひっきりなしに動き続け、掛かった魚は異様に暴れて大騒動をやらかす。 こうなると、私が個人的に求めている静謐幽玄な釣趣など望むべくもなく、「このような活気のある釣りも、時にはいいものだ、」といくら自分に言い聞かせてみても、なかなかその効は生じず、気分的にもげんなりしてしまう。 しかし不思議なことに、そんな私でさえ、後になって思い出す釣りの場面は、圧倒的に夏のものが多い。 遠い昔、子供の時分のことを言えば、夏休みという多大な自由時間があり、従って釣りへ行った機会もその季節に多く、さらに当時は「沢山釣れる」ことに大きな面白みを覚えていたことが、その理由となっている面もあるだろうが、一旦釣りから離れ、数十年を経て再開――というかほとんど新規に開始し、上に述べた思いを胸に重ねた釣行に関しても、やはり夏の出来事を強く思い起こすのである。 しかも、その往年のことにしても、頭に浮かぶのは決して沢山釣った場面ではなく、靄のかかった早朝や炎天の日中の情景、喧しい蝉の声といった、釣りとは直接の関係を持たないイメージとなっている。 そしてこの想起は、音楽を触媒として生じることが極め

八雲 高野竹 13.2尺 金梨子地節巻 竹張・籐握り

イメージ
漆芸の技法の一つに、梨地=梨子地(なしじ)がある。 これすなわち、漆を塗った上に金粉や銀粉を蒔き、さらに重ねて透き漆を施した後、金粉や銀粉が露出しない程合いに研摩してそれを浮き出させる技法である。 ご想像頂けると思うが、その呼び名は仕上がりが果物の梨の肌のように見えることに由来している。 この梨子地は蒔絵の一種として行われることもあり、巻き・塗り・握りといったところに漆の用いられる紀州へら竿においても、さまざまな竿師がこれを施した作品をものしている。 その中で、八雲はこの技法を好み、かつそれに優れた一人ではないかと思う。 私の手元にある八雲は「高野竹 13.2尺 金梨子地節巻 竹張・籐握り」の一本のみだが、この脇銘(と言えるかどうかは微妙……)が示す通り、やはり口巻と穂先全体が梨子地で仕上げられている。 さらに握りは竹張りと藤巻を組み合わせ、よく見ると、その藤巻には梨子地と同じ色合いの透き漆をあしらってあることがわかる。 こう書くと些かあくどい意匠とも取られかねないが、実際は漆の落ち着いた色に金粉が適度な煌めきを添え、気品と格調を上げこそすれ、貶めてはいない。 この見事な意匠に加えて特筆すべきは、極めて細く削り出された穂先で、正しく「研ぎ澄まされた」という言葉が相応しい。 これが7つの節を具えた細身の穂持に繋がり、さらに元上・元もオチの小さい生地で組まれている。 この風姿を目にした時、恐らく誰もが思うであろうように、私の頭にも「軟式胴調子」という言葉が自ずと浮かんだ。 が、第一印象が本質を突くことの多いことは間違いない一方、時としてそれが人を欺くこともあるように、「八雲 高野竹 13.2尺 金梨子地節巻 竹張・籐握り」はその一例で、確かに穂先は柔軟自在に撓み、孤舟の理想とした道糸の延長たる働きを見せるものの、穂持以下は見た目とは裏腹に硬くかっちりした性格が強く、魚の引きに追従する様子はないのである。 しかし勿論、ただ硬く依怙地な訳ではなく、繊細な穂先の捕らえた動きを穂持が受け止め、さらに下へ伝えるに際して、自らの力に余るような負荷を覚えた場合はそれを流麗に元上へ引き渡し、元上と元もこの関係で連動している印象を強く覚える。 そして全体として、「中式本調子」というへら竿の中庸を現出しているのだ。 昭和7年に生まれ、14歳でげて作に入門した八雲は、至峰や櫓聲などと

青雲観 わかぎく 9.2尺 口巻 籐握り

イメージ
青雲観という竿師については、浅学のためほとんど知らない。 現行の紀州へら竿系統図にも記載されておらず、インターネット上にも――この世界では珍しくないことだが――ほとんど情報を見出すことができなかった。 ただ、前者において、忘我の門下に「水想観」という名が見えるので、もしかしたらこの辺りに位置するか、あるいは関係があるのかもしれない。 そのような一竿を購入したのは、竹竿に興味を持ってさほど日月を経ていない頃のことで、何のことはない、そもそも斯界にどのような竿師がいるのかという認識さえなかったからである。 とは言え、もちろん目に付くものすべて、手当たり次第に買っていたわけではないので、惹かれたところがあったのだ。 それすなわち、「胴調子の総高野竹竿」との文言である。 当時、既に総高野の竿は何本か保有していたものの、その中に九尺の短竿、しかも四継ぎのものはなく、この生地組でどのような釣り味が実現されるのか興味を覚えたことに加え、価格がかなり安価だったことにも背中を押された。 現物を手にしての第一印象は、何と地味な竿だろう――というもので、実際、意匠はシンプルな口巻き、そこに蒔絵や螺鈿などが施されているわけでもなく、握りは太めの籐が若干隙間を空けたように巻かれ、竿尻も何の変哲もない形状、さらに言えば、元が太目でどことなく鈍な感じを禁じ得なかった。 そして、四本継の短尺を手にしたのが初めてということもあり、どこか玩具のような感じがして、魚が掛かった時、これで本当にきちんとした弧が描かれるのだろうか――と、些か心許なかったことを覚えている。 しかし、継いで振ってみると、これが実にいい感じで、「粘りの高野竹」との言葉が自然と思い起こされ、上の不安は一掃、早く魚とのやり取りをしてみたいとの気持ちが沸き立った。 さらに、見た目には野暮ったい握りもまた、手にしっくりと馴染んで滑る気遣いは全く不要と確信できた。 これらの印象は実際に水を見せても裏切られることはなく、何とも柔らかく心地よい感触を味わわせてくれる。 型の良い奴の強烈な引きに遭遇しても、しっかりと竿を矯めて堪えれば、よくこれだけ撓むものだと感心している内、相手は自ずと水面に顔を出すのである。 しかも、その撓りは、全くぎくしゃくした所の見られない見事なもの。 従って反りや曲がりといった狂いの懸念もなく、安心して使うことが

へらぶな釣りの四季―春

春の訪れの遅いこの地方でも、桜の便りはほぼ届き尽くした感がある。 もっとも、山の上の花が開くにはいましばらくの時を要するし、そもそも我が家の周りには染井吉野の艶姿は見られず、山桜がその可憐な面差しをひっそりと覗かせるのみだ。 春のへらぶな釣り――というと、世間ではいわゆる乗っ込みの大型魚を狙うというのが定番のようだが、個人的にはこれに心を躍らせたことはない。 別段斜に構えてのことではなく、本サイトの他の記事をご覧頂けばお分かりの通り、魚を釣ることよりも釣り竿を使うのが主眼の自分にとっては、掛けた魚を引っこ抜くような釣り方、必要以上の量目釣りは百害あって一利なし、しかもそれが生物にとって最も重大な営みに付け込んでとなると、気は引けこそすれ、血の騒ぐことはないのである。 それに私の場合、行く釣り場が限定される――というより自ら限定する――傾向が強く、それらの池ではそもそもほとんど乗っ込みが見られない。 しかし、そんな一大祭典に惹かれない野暮な心も、春の釣りはやはり心の浮かれるものである。 秋とは反対に、春分を頂点として日毎に昼が長くなり、それにつれての気温の上昇、延いては植物の芽吹きとその色調の深化、鶯の唄の稽古をはじめとする鳥の囀りの高まりなど、動植物の活動が盛んになっていくのを感じるのが愉しくないわけはない。 もちろん魚の活性も上がって浮子の動きも活発化するが、個人的にこちらをあまり歓迎できないのは、大好きな静と動とのコントラストがぼやけてしまうためだ。 そこに小魚の突つきまで加わってくると、少々嫌気を禁じ得ないところだけれど、それもまた風情と割り切って釣りに臨み、上手くアタリを拾えた時の喜びも捨てがたい。 散った桜の花弁が水面を揺蕩う様子を眺めるのも風情深いが、人心とは現金なもので、それが自分の浮子にまつわるとなると苛立たしい。 いや、決してアタリを見落として釣れる魚を逃すのが悔しいのではない、絶対にそうではない…… 冬の間は凍結して釣りのできないこの地では、春が文字通り釣りの季節の幕開けとなる。 毎年その前から気持ちの浮き立ちを覚え、実地に春の釣りの情趣に浸ろうと思うのだけれど、ここ数年、今年もまだ出掛けてはいない。 現今のコロナ禍が鎮まった暁には必ず――

宝竹(至連) 極特作 三本仕舞 15.1尺 総塗り 漆握り

イメージ
至連は、先代師光から直接教えを受けた最後の竿師の一人ではないかと思う。 1949(昭和24)年に生まれ、この世界へは1964(昭和39)年に実父(?)竿芳の門下として足を踏み出したが、後に師光の薫陶も得ることとなったという。 しかし、現在の紀州へら竿系統図には師光直下に位置付けられていることからすると、竿作りの修業は主にこの始祖の一人の下で積んだのだろう。 私の保有する、至連の手になる竿には「宝竹」と銘されているが、これは特定の問屋へ下ろす場合に付されたものらしい。 この「宝竹(至連) 極特作 三本仕舞 15.1尺 総塗り 漆握り」を入手したのは、竹竿に興味をもって間もなくのことで、その意匠と構成――より具体的に言うと、総塗りと三本仕舞という点に強く惹かれてである。 まだ、竿の評価や相場などに対する理解は乏しかったので、本竿についてもどのような釣り味を見せてくれるものか、それと価格との均整は取れているのかという判断はつかなかったものの、ともかく上の二点に後押しされ、引っ張られて、それなりの高価格で購入した。 画像でもおわかりの通り、全身に黒を纏い、節の部分は研ぎ出すとともに金色を上手くあしらったその姿は、実に精悍でかつ美しい。 ただ、継いで振ってみると、三本仕舞が示す通り、中浚いを抑えて肉厚に仕上げられているだけあって、手にずしりとした重量感を覚える。 初めて水を見せる際には、果たしてこれを一日振り続けることができるだろうか――という懸念を禁じ得なかった。 さて、その機会が来て支度を済ませ、エサ打ちを開始してみると、家で振った時同様、やはり持ち重り感は否めず、風切り刀を標榜する孤舟の如き颯爽とした振り調子ではない。 素早い手返しでテンポよく(たくさん)釣る――という目的には、正直まったくそぐわないと言わざるを得ない。 方や掛け調子に関してまず標語的に言うと、三番のしっかり働く中式本調子といったところ。 そして、魚の繊細な動きや引きの変化を細大漏らさず手に伝える、魚を意のままに捌く、といった性格とは異なり、もっと鷹揚な、見方によってはおっとりした表情を見せる。 全く別の領域のもの、オーディオ装置に敢えて喩えれば、音源に刻まれた信号の正確無比な再現や独自の色付けを目指すのではなく、その音楽の本質、もっとも重要な核をまとまりとして聴かせることを意図した機種に相当す

芸舟 夢一花 13.4尺 朱研出口巻 漆握り

イメージ
改めて言うまでもなく、紀州へら竿はへらぶなを釣るための道具である。 しかし、これまで折に触れて述べてきたように、またこの世界に興味関心をお持ちの方には先刻ご存じの通り、単に仕掛けを送り、掛かった魚を上げ寄せるという、釣り竿として必要十分な機能を具えていればそれで良し――というものではない。 そのような竿で心底満足できるという人がいたとしても、無論悪いことではないと思うが、かくなる場合、それを贖うのに高い対価を出すことはないであろう。 紀州へら竿に縁のない人々が、「えッ」と驚愕するような値の付された竿が引く手あまたで取引されるという事実は、したがって単なる道具として以上の付加価値を、紀州へら竿が具えていることを示している。 その最も直截なものとして、見た目の美しさを挙げることができよう。 先に「 へら竿の意匠(1)―塗り・巻き 」「 同(2)―握り 」でご紹介したように、塗り・巻きそして握りにおいて、各竿師が自らの性格や思想に基づいた意匠を施しており、これが使い手の美意識を刺激し、保有への欲求とそれが実現した際の喜びを高めるのである。 この、意匠に重きを置く竿師の筆頭に属する一人として、芸舟の名を挙げることに異論のある向きは少ないはずだ。 「 芸舟 川波 11.5尺 鶯節巻 綿糸握り 」の中でも述べたように、師でもある忘我を兄に持ち、京楽を弟とする芸舟は、幼い頃から優れた絵心を示し、その資質を竿作りに活かした、蒔絵をはじめとする華麗優美な竿で知られる。 上の「川波 鶯節巻」はそんな芸舟としては幾分地味な作品であるけれども、私の手元にあるいま一本の「夢一花 13.4尺 朱研出口巻 漆握り」の方は、正に芸舟の面目が躍如として現れている。 元・元上にはアイボリーをぼかしたような文様をあしらい、この意匠がそのまま握りまで敷衍されている。 そして、画像にはほんの一端しか見えていないのだけれど、穂持ちの巻きは朱色があざやかに研ぎ出されており、穂先にはこれが全体に亘り施してある。 このように、へら竿としては極めて珍しくも美しい風姿を見せる一本だが、外見的魅力はあくまで付加価値であり、釣り竿としての機能性なくしてはその意義はほとんど無に帰してしまう。 いや、繰り返しになるが、単なる機能性の実現では不十分で、振った時の心地よさ、魚の掛かった際の味わいを内包してはじめて、形相とし